建築系・インテリア系・イラスト系・グラフィック系・アニメ系を目指す方々へ

HOME > 学校案内 > 沿革

学校案内 楽しく創造的な学生生活 ものづくり 富山クリエイティブ専門学校

沿革

富山クリエイティブ専門学校 外観学校法人片山学園 富山クリエイティブ専門学校は、昭和44年開校以来、今日まで県内外で活躍する数多くの卒業生を輩出し、多大な実績を上げている県内でも歴史と伝統のある専門学校です。
平成8年春、「富山建築・デザイン専門学校」「富山コンピュータ専門学校」2つの専門学校が現校舎で学ぶ体制がスタートして以来、「富山建築・デザイン専門学校」で培われるクリエイティブなセンスと「富山コンピュータ専門学校」で養成される高い技術力により、相互に影響し合える学習環境を創り上げてきました。時代の急激な変化により、それぞれの専門性が互いに大きく影響しあうようになったことから、2校の専門学校の統合一本化を図り、平成24年4月「富山クリエイティブ専門学校」として大きく生まれ変わりました。現在は、建築学科とデザイン学科の2学科で、学科学年を超えた学びのできる体制を作り、特徴ある教育を行っています。

学園の沿革

昭和44年(1969) 富山市中央通りにて「富山デザイナー学院」を開校
昭和51年(1976) 専修学校として富山県知事認可
「富山美術工芸専門学校」に校名変更
昭和53年(1978) 射水市大江に校舎移転
学校法人片桐学園」設立
昭和58年(1983) 「学校法人興北学園富山美術工芸専門学校」と改称
昭和59年(1984) 富山市奥田町に「学校法人興北学園富山コンピュータ専門学校」開校
平成7年(1995) 修了者に専門士の称号を付与することができるようになる
「学校法人興北学園」から「学校法人片山学園」に改称
平成8年(1996) 「富山美術工芸専門学校」「富山コンピュータ専門学校」が
富山市牛島新町の現校舎に合同移転
平成10年(1998) 二級建築士試験および木造建築士試験の受験資格認定
平成13年(2001) 「富山美術工芸専門学校」を「富山建築・デザイン専門学校」に校名変更
平成17年(2005) 富山市東黒牧に「片山学園中学校」開校
平成20年(2008) 富山市東黒牧に「片山学園高等学校」開校
平成24年(2012) 「富山コンピュータ専門学校」を「富山建築・デザイン専門学校」へ統合
「富山クリエイティブ専門学校」と校名変更

校舎・設備

校内見取り図

校内見取り図本校は身体障害者の方にも学園生活を快適に過ごせるよう、できる限りの配慮をしています。 駐車場から本校への入り口には、仮設のスロープ、6階には障害者用トイレ、一部の教室に引き戸を採用しております。

  • ■7階・・・デッサン室、デザイン実習室、暗室
  • ■6階・・・デザイン実習室、Macintosh実習室、デザイン資料室
  • ■5階・・・第一製図室、第二製図室、コンピュータ実習室、建築資料室
  • ■4階・・・講議室(3部屋)、コンピュータ資料室
  • ■3階・・・コンピュータ実習室(3部屋)、コンピュータ資料室
  • ■2階・・・理事長室、校長室、職員室、事務室、図書室、就職資料閲覧室
  • ■1階・・・玄関ホール、来客用駐車場

設備環境

建築学科

503教室本校5階にて常設のPC(プロセッサ:Intel Core 2・Windows7)を使用します。
CADを使用しての図面制作、さらには大型プリンタでの完成は満足度120%!

デザイン学科

602教室本校6階にて常設のMacintoshを使用します。
iMac(プロセッサ:Intel Core i5 2.7GHz、メモリ:8GB、4GB、OS:10.7、10.8)を用いた制作環境は自在の表現を可能にしてくれます。
〈2014年度現在:iMac50台〉

ページの先頭へ戻る