建築系・インテリア系・イラスト系・グラフィック系・アニメ系を目指す方々へ

HOME > 建築学科 >建築学科の雰囲気

こんな雰囲気です

女性も十分活躍できる世界…本校でも同じです

バス遠足 美術館見学建築は男の職場、というのは昔の話。今では男女それぞれの良さを取り入れたり、どちらでも通用する仕事であることが共通認識となっています。本校建築学科でも女子学生の割合は4割〜2割と年によって変動しますが、明るく元気な人が多いので、存在感の大きさが例年の特徴となっています。もちろん、いろんな人がいて、いろんな個性を発揮しているので、目立つ人がいい、ということでは決してありません。それぞれの目標で進んでいけばいいのです。本校建築学科は明るく元気な雰囲気のクラスではありますが、それ以外の人(クールな人、話すのが苦手な人、コミュニケーションが面倒な人、など)への思いやり、わきまえ方を身につけている学科でもあります。

器用じゃなくても、体力に自信がなくても…

建築インテリア実習 授業風景器用という見方は、限られた時間内で一定レベルの丁寧な仕事ができる場合を指すことが多いです。修練度で器用かどうかが決まります。時間をかけて、心構えを正して行えば、誰でも「器用」になれるのです。本校建築学科では気持ちのスキルアップをはたせて、「器用人」になっていく人が多いです。
筋力がなくても、建築現場で活躍している女子卒業生もかなりいます。もちろんインテリア系の職場など、女性らしさを活かした職場もたくさんあります。本校建築学科では男女差が目につく授業はありません。互いに励まし合いながら、みんな「器用人」や「心がタフな人」になっていきます。

校外学習や研修旅行・学園祭も

  • 校外学習 店舗見学
    校外学習〜店舗見学
  • 研修旅行 ジブリ美術館見学
    研修旅行〜ジブリ美術館見学
  • 学園祭 ポップコーン販売
    学園祭〜ポップコーン販売

「百聞は一見に如かず」これを実践しているのが建築学科です。建設現場を見学させていただいたり、有名建築物や名所を訪れて、経験値を上げることが、重要と捉えています。その最大の機会が研修旅行です。毎年東京、大阪と交互に訪れ、建築物として価値のある建物を中心に訪問ルートが計画されます。しかもまる1日ある自由行動を利用して、個人的に行きたい場所を訪れることもできます。
一方で学園祭など、学校内でのイベントではみんなで協力し合って、ひとつのことを行います。多くの人が関わってひとつの建築物を作るという点では同じです。気持ちの面からも経験値を上げていきます。

ページの先頭へ戻る